コラム

ひなまつりではなぜ”桃の花”を飾るのか

もうすぐ、ひなまつりですね。
ひなまつりは「桃の節句」とも言われるように、桃の花が飾られることが多いですが、なぜひなまつりに桃が飾られるようになったかご存知ですか。ひなまつりの由来と共に、ひなまつりと桃の関係についてもご紹介したいと思います。これさえ読めば、子どもに質問されても困らなくて済みますよ(笑)

 

a0790_001083_m

・ひなまつりの由来
ご存知の通り、ひな祭りは女の子のための行事として知られていますが、その由来は平安時代までさかのぼります。
その当時、現在のひな祭りの基となった「ひな遊び」と呼ばれる人形遊びが貴族の子どもの間で行われていたそうです。また、同じ時代に紙でつくった人形に自分の穢れを移して水に流し、厄を祓う「流し雛」という儀式もありました。この「ひな遊び」と「流し雛」が合体し、現在のような人形が飾られるようになったそうです。
ちなみになぜ3月3日かと言うと、江戸時代に制定された「五節句」の一つ「上巳の節句」で先の厄払いの行事が行われていましたが、上巳の節句の時期にちょうど魔除けの木として親しまれていた桃の花が咲いていたことから、上巳の節句=桃の節句と呼ばれるようになり、女の子のお祭りとして認知されていったと言われています。

<五節句>
人日の節句:1月7日
上巳の節句:3月3日
端午の節句:5月5日
七夕の節句:7月7日
重陽の節句:9月9日

 

・桜や梅じゃない、桃を飾る理由
日本には桃以外にも、桜や梅など古くから愛されてきた花がありますが、なぜひなまつりには桃を飾るようになったのでしょうか。

①魔除けの力がある
日本神話の中で、イザナギノミコトが化け物を追い払うために桃を投げつけたと言われていて、桃は古くから魔除けの力があるとされてきた。

②桃の花の咲く季節だった
桃の節句は旧暦で、今でいう3月末から4月中旬を指し、ちょうどその頃に桃の花の咲いていたため。

③長寿を祈願して
仙人の住む楽園が「桃源郷」と言われる程、桃を食べると長寿になれると言われていた。

④子宝の木
一本の桃の木にたくさんの実がつくことから「子宝の木」とされてきたため。

⑤女の子のイメージ
色・形も可愛らしく、甘くいい香りがすることから女の子のイメージ=桃だったため。

 

a0960_007261_m

 

こうしてみると、桃には実に様々なパワーがあったのですね。
いつの時代も子どもの事を想わない親はいません。大事なわが子の健やかな成長と幸せを祈願して、ひな人形と共に桃の花を飾ったのだと思います。個人的には可愛らしいピンク色やぷっくりとした花びらのフォルムも女の子らしくて大好きです。今年のひなまつりは、お人形も良いですが是非桃の花にも目を向けてみても、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close