コラム

端午の節句と花の関係

端午の節句と言えばご存知の通り、5月5日は子どもの日の事を指します。
女の子の日であるひなまつりで桃の花を飾るように、男の子の日である端午の節句では花菖蒲を飾ります。ではなぜ端午の節句で花菖蒲を飾るのでしょうか。端午の節句の由来までさかのぼりひも解いていきたいと思います。

 

a0960_007408_m

・端午の節句の由来
もともと、端午の節句以外にも日本には5つの節句があり、奈良時代から現代まで続く古い行事の事を言います(七夕で笹を飾ったり七草粥を食べる風習も、5節句からきています)。『端午』とは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限った行事ではありませんでしたが、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、やがて5月5日のことを指すようになったと言われています。
鎌倉時代に入り、貴族を中心に行われてきた端午の節句は廃れてきましたが、一方で菖蒲が「尚武(=武道を重んじる)」と同じ読み方であることから、武士の間で縁起がよいと盛んに行われるようになりました。更に江戸時代になると幕府が端午の節句を奨励し、「鯉の吹流し(こいのぼり)」や「武者人形(五月人形)」を飾り、男の子の誕生や成長を祝う行事として広く一般庶民にも普及し始めるようになりました。

・端午の節句と花菖蒲の関係
古来の中国では、季節の変わり目である端午の日に、田植えの豊穣を祈願し病気や災厄を避けるために、古くから邪気祓いの力があるとされていた菖蒲や薬草を軒に挿すことで厄除けをしたり、菖蒲を浸した酒を飲み、菖蒲湯に浸かる風習がありました。この風習が日本にも伝わったと言われています。また、季節の花でもある菖蒲が、「尚武」や「勝負」と同じ読み方と言うこともあり、縁起を担いで端午の節句の際に親しまれるようになったとも言われています。

 

a0001_008761_m

 

・同じ菖蒲でも「花菖蒲」と「葉菖蒲」は別物!?
一般的な花屋さんで売られていたり、公園などで咲いている菖蒲は「花菖蒲」で、アヤメ科の植物です。しかし、菖蒲湯や薬草・漢方薬として使われる菖蒲は「葉菖蒲」と呼ばれ、サトイモ科に属します。同じ「菖蒲」なのでよく混同されますが、実は全く別の植物なのです。

・花菖蒲は二度楽しめる
花菖蒲は、鮮やかな青や紫色が目にも涼やかで美しい5月に最盛期を迎える花です。花が咲いてから数日で萎れてしまう半面、実はもう一度花を咲かせる事ができる特殊な花でもあります(咲かないものもあります)。一度目の花が萎れてきたら、花びらをガクから取り除きます。するとガクの中にもう一つの蕾が隠れていてしばらくすると2番目の花を咲かせます。せっかくの美しい花菖蒲、大切に飾り是非二番花も咲かせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

AME854_iketosakamichi_TP_V

 

昔からの習わしで何の気なしに飾っているお花にも、ちゃんとした意味や由来があるものです。そうした一つひとつの花に込められたサイドストーリーを知った上で飾ると、いつもの端午の節句もちょっと違った見方が出来るかもしれません。今年の端午の節句は是非花菖蒲に注目して、その美しさを楽しんでみてください。

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close