コラム

今のスタイルに合った還暦のプレゼント

1708_pla1-1

●赤いちゃんちゃんこはもう古い!?
人生の節目を祝うイベントの一つに還暦祝いがあります。還暦とは数えで60歳を迎えることで、そのお祝いの席で赤いちゃんちゃんこを着るということはみなさんご存知かと思います。しかし還暦の意味やなぜ60歳なのかということを、よく知らないままお祝していたという人も意外と多いのではないでしょうか。

せっかくの還暦祝いを心からお祝いできるよう、還暦祝いに関する基本的な知識を学び、より思い出深いものにしていただきたいと思います。

 

1708_pla1-2

●なぜ60歳なのか
還暦は日本の伝統的な数式である(じっかんじゅうにし)と深く関わってます。
十干十二支は、10種の『干』=[甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸]と、12種の『支』=[子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥]を組み合わせて暦や方角・時刻を表す時に用いられていました。
この十干と十二支の組み合わせは60通りあり、生まれて61年目に自分の生まれた年と同じ干支に「還る」ことから「還暦」と呼ばれ、今よりもずっと寿命が短かった昔は、60歳を迎えるということは長寿の証でもあり、大切な人生の節目として還暦を祝うようになったとされています。

ちなみに、戦前までは生まれた瞬間に1歳とカウントしていましたが、今では生まれた瞬間は0歳で誕生日を迎えるごとに1歳プラスする数え方に変わりましたので、還暦のお祝いも満60歳の誕生日にすることが一般的となっています。

 

1708_pla1-3

●還暦と「赤色」の関係性
赤いちゃんちゃんこからもわかるように、還暦と言えば「赤」のイメージがあります。
日本は、古来から赤は太陽の色や魔よけの色と言われてきましたが、その他にも赤には「元気」「情熱」、生命の源である血液の「命」など、エネルギーみなぎるアクティブなイメージを連想します。還暦を迎え、新しく生まれ変わるこれからの人生の厄払いと元気で過ごせるようにという願いをこめて、古くから還暦には赤いものを贈る習慣があります。

 

1708_pla1-4

●還暦祝いに赤いバラの花束はいかが?
そこでプラナージュがオススメするのは真っ赤なバラの花束のプレゼント。普段は花にそんなに興味のない人でも、バラの花束は一度はもらってみたい憧れのアイテムです。還暦にちなんで60本の花束にすれば、華やかさもありつつ心に残るプレゼントになること間違いなしです。
そのほかにもアレンジメントやプリザーブドフラワーもプレゼントに人気の商品ですよ。ご予算やご希望に応じて様々な商品を揃えていますので、お気軽にご相談下さいね。

【 楽天市場:還暦の赤にちなんだフラワー

 

還暦祝いに特に決まったスタイルはありませんが、家族や親戚など身近な人たちが集まって食事をしたりプレゼントを渡すのが一般的な流れかと思います。
しかし、最近では還暦と言えどもまだまだ現役バリバリで働いている方も多いので、「赤いちゃんちゃんこはちょっと…」と抵抗感を持つ方も増えていますし、あまり老人扱いするような祝い方は気を悪くされるかもしれません。60という歳を、長寿と言うよりも節目を迎えたお祝いとしてとらえるのが、現代における還暦の正しい祝い方かもしれませんね。

 

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close