コラム

子どもの成長を祝い祈願する親の愛情にあふれた行事

意外と知らない七五三の意味
早いもので今年もあと2か月程ですね。11月と言えば七五三。小さいお子様のいるご家庭ではお祝いの準備に大忙しかと思います。ところでみなさんは七五三の由来をご存知でしょうか。そこで七五三の意味と、押さえておきたいマナーについてご紹介します。

 

1710_pla1-1

七五三の由来
七五三の起源は室町時代と言われていますが、その当時は乳幼児の死亡率が高く、7歳まで生きられるかどうかは神が運命を決めていると考えられてきました。そのため、七五三のお祝いでは7歳まで無事に成長出来たことへの感謝と、これからの将来と長寿を願う意味があったそうです。

一般に広まったきっかけとしては、江戸幕府の5代目将軍・徳川綱吉が、長男の徳松(とくまつ)の健康を祈り、徳松がその後すくすくと成長したことにあやかって、武家社会を中心に広まっていきました。そのお祈りをした日が11月15日だったことから、その日を七五三の日として伝わったとされています。明治時代になると、子供の成長と幸せを願うお祝いとして、今の形に近いものになったといわれています。

しかし、現在では11月15日にこだわらず、家族の都合に合わせ日をずらしてお祝いをするケースも増えています。

 

七五三の意味
七五三のお祝いは、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれ意味を持っています。

3歳・・・男女とも髪を伸ばし始める ”髪置(かみおき)”
5歳・・・男の衣服である袴を着る  ”袴着(はかまぎ)”
7歳・・・女の子の着物帯の装い始め”帯解(おびとき)”

以前は数え歳で祝っていたのを今では満年齢で祝うようになったり、最近では3歳男児の祝いを行わない場合もあるなど、昔と比べると少しずつ内容が変わってきていますが、子どもの成長を祝うことが七五三の本来の主旨なので、必ずしも昔の風習を守る必要はありません。

 

1710_pla1-2

押さえておきたい七五三のマナー

①服装
七五三は子どもが主役なので、ご両親や参列者は派手になりすぎない服装を心がけましょう。男性は基本的にダーク系のスーツで、白や黒のネクタイはNGなのでご注意下さい。女性はパステルカラーのワンピースやスーツ、和服ならば訪問着がベターです。

②お祝い
七五三のお祝いを贈る際は、七五三を行う日までに贈ることがマナーです。先にも述べた通り、最近では11月15日に限らず日にちが前後する場合も多いので、いつまでにお祝いを贈れば良いのか、事前に日にちを確認するようにしましょう。

③内祝い
お祝いをいただいた場合はお礼状を出し、感謝の気持ちを込めて宴席を設けて招待すると喜ばれます。また、宴席を設けない場合や招待できない方、また家やその地方ならではのしきたりがある場合は内祝いの品を贈るのが良しとされています。

 

1710_pla1-3

七五三は子どものこれまでの成長を祝い、これからの成長を祈願する大切な行事です。

自分の子どもはもちろんですが、親しい人の子どもや姪・甥の成長も大変嬉しいものですよね。そんなお祝いの気持ちをあらわすのに花の贈り物はいかがでしょうか。秋の花で季節感を出すのも良いですし、動物の形にアレンジメントすればお子様もきっと喜んで頂けます。

ご予算やご要望に応じて自由にデコレーション出来るのも花ギフトの良い所。是非お気軽にお問合せ下さい。

【楽天市場: https://item.rakuten.co.jp/flower-planage/rabbit_bear01/

 

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close