コラム

モミの木やヒイラギにも実は深い意味がある

1711_pla11

●クリスマスを彩る名脇役
ハロウィンが終わると街にはクリスマス飾りがディスプレイされ始め、一気にクリスマスモードに突入ですね。

クリスマスと言えばサンタやトナカイ、美味しそうなクリスマスケーキに、待ちに待ったプレゼントなどを思い浮かべますが、クリスマスツリーやリースももちろん外せませんよね。
ツリーやリースに使われるのは昔から「モミの木」や「ヒイラギ」と決まっていますが、なぜこれらが使われているのかご存知ですか?実はちゃんとした意味や由来があるんです。

 

1711_pla12

●クリスマスツリーにモミの木を使うのはなぜ?
そもそもクリスマスツリーの発祥は、樹木信仰の強かったドイツと言われています。

寒い冬でも青々とした葉を茂らせる常緑樹は強い生命力の象徴とされ、聖なる木として飾られるようになりました。その中でもキリスト教で崇拝されていたのがモミの木です。モミの木の三角形の形が三位一体(頂点が神・子=イエスと聖霊が底辺の両端)を表していて、神の力を宿すものとして、キリスト教の建物の建材や楽器などに使用されてきました。
ドイツでは以前から樹木崇拝の考えのもと、モミの木を色とりどりのリボンや布で装飾してきましたが、クリスマス時期に手に入りやすい常緑樹がモミの木だったことからも、それが定着していったのではないかと言われています。
 
●モミの木以外はクリスマスツリーに使っちゃだめ?
クリスマスツリーに使うのは必ずしもモミの木だけではありません。「常緑樹」であれば特に種類は問わないとされています。実際、ヨーロッパなどでは月桂樹や松が使われることもあるそうです。

 

1711_pla13

●ヒイラギの意味は?
クリスマスリースやツリーの飾り付けによく使われる赤い実と緑の葉っぱが印象的なヒイラギ。
ヒイラギの葉には固くて棘のように尖っている部分がありますが、この部分がキリスト教ではの受難のシンボルである茨の冠を表しているとされています。ヒイラギがリースに使われることのが多いのは、茨の冠を連想させるためとも言われているそうです。

また、赤い実はキリストが流した血を意味します。それは人間の罪を背負ったキリストの「受難」を忘れないために、クリスマス飾りにヒイラギを用いているともされています。

 

このように、今まで何気なく飾っていたツリーにも実はいろんな意味や由来が込められているんです。
最近ではマンションでも飾りやすいように品種改良された本物のモミの木のミニツリーや、フレッシュのヒイラギを使ったクリスマスリースも人気です。イミテーションのツリーやリースも良いですが、せっかくなので今年のクリスマスは、モミの木やヒイラギの意味に想いを馳せてフレッシュのツリーやリースを飾ってみてはいかがでしょうか。

もちろんプラナージュでもご自宅用やプレゼントにもピッタリなクリスマス商品を多数ご用意しております。是非お気軽にお立ちより下さい。

 

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close