コラム

世界各国の様々なバレンタインデー事情

もうすぐバレンタインデーですね。
女性ならバレンタインデー当日に向けて入念に準備をされたり(本命・義理問わず)、男性はチョコもらえるかなと今からドキドキしている人も少なくないのではないでしょうか?

日本のバレンタインデーと言えば、女性から男性にチョコレートを添えて愛の告白をしたり、日ごろお世話になっている人に義理チョコを渡すのが一般的です。

最近では友チョコや自己チョコ、逆チョコなども登場するようになり、今までとは違った賑わいを見せるようになってきましたが、世界に目を向けると、日本とは違った風習だったりプレゼントの内容もそれぞれの国の特色が表れていたりと、とても興味深いものばかり。
そんな世界のバレンタインデー事情を調べてみました。

 
 

1801_pla1_1

アメリカ:男性から女性にプレゼントを贈る方が多いそうですが、「愛情」と言うよりは「感謝」の意味合いが強く、愛の告白という目的で贈る習慣はありません。プレゼントにはチョコレートもありますが、花とメッセージカードを贈るのが一般的です。

 
 

1801_pla1_2

イタリア:バレンタインデー発祥の国であるイタリア。2月14日は「恋人たちの日」とも呼ばれていて、一年の中で最も愛を確かめ合う日と言えます。恋人同士で食事や旅行に出かけたり、「情熱」を意味する真っ赤なバラをプレゼントするのもポピュラーなのだそうです。

 
 

1801_pla1_3

スコットランド:バレンタインデーにはお祭りが催されます。そこに同じ数の男女が集まり一人ずつ名前を紙に書いて、それぞれ異性の名前が書かれた紙を引き合います。そこでマッチした組みの男性側が相手女性にプレゼントを渡します。スコットランドではこのパーティーがきっかけで結婚するカップルも珍しくないのだとか。

 
 

1801_pla1_4

韓国:日本の影響から、女性から男性にチョコレートに添えて香水や洋服を贈ったりするのが一般的です。実は日本以上にバレンタインデーには熱狂的で、毎月14日には恋愛に関する記念日が設けられているそうです。

 
 

1801_pla1_5

ベトナム:ベトナムは男性が女性に尽くすお国柄で、バレンタインデーにはバラの花を贈るのが一般的です。ちなみにバレンタインデーを含めて男性から女性にプレゼントを贈る日が年4回あるのですが、ホワイトデーのような女性から男性に贈る日は一つもないそうです。

 
 

いかがでしょうか?ところ変わればバレンタインデーの過ごし方もこれだけ変わるんです。今回調べてみて気づいたのは、バレンタインデーのプレゼントとしてお花を贈る国がとても多いこと。花は万国共通で喜ばれる贈り物なんですね。
今年のバレンタインはいつものチョコレートだけでなく、イタリア流に赤いバラの花を添えて、アナタの気持ちを相手に伝えるというのもロマンチックでステキですね。

プラナージュではバラの花はもちろん、様々な季節の花を豊富に揃えていますので、是非お気軽に覗いてみて下さい。

 

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close