コラム

押さえておきたい『お彼岸』に関する基礎知識

3月21日は春分の日です。
春分の日を中日とした前後3日間は春のお彼岸時期とされていて、その期間にお墓参りしたりしますよね。

お彼岸は春と秋の2回ありますが、なぜお彼岸は年に2回あるのでしょうか。また、お彼岸と同じくお墓参りをするお盆とは、何がちがうのでしょうか。

意外と知らないお彼岸の基礎知識をご紹介します。

 
 

1801_pla_c1_1

【お彼岸が年に2回ある理由】

お彼岸が年に2回ある理由を端的に答えると、お彼岸は春分の日と秋分の日の前後に行うからです。この2つに共通するのは、『昼と夜が同じ時間になる日』ということです。

仏教ではご先祖様や仏様のいる世界を『彼岸(ひがん)』、私たちが暮らしている世界を『此岸(しがん)』と言い、彼岸は西、此岸は東に位置するとされています。
春分の日と秋分の日は真東から日が昇って真西に沈むことから、最も彼岸と此岸が通じやすく、その時期に真西にいる仏様に向かって拝めば、極楽浄土に行けると考えられていました。そのことから春分の日と秋分の日の時期を『お彼岸』として、先祖のご供養がされるようになったと言われています。

 
 

1801_pla_c1_2

【お彼岸とお盆の違い】

ではお彼岸とお盆は何が違うのでしょうか?

どちらもご先祖様を供養することに違いはありませんが、彼岸にいる仏様やご先祖様に近づけるようお祈りをするお彼岸に対して、
お盆は、ご先祖様が私たちの住む世界に戻って来る時期とされていて、戻ってきたご先祖様をお迎えし、再びあの世へ送りだす日とされています。

 
 

1801_pla_c1_3

お盆と並び、ご先祖様を敬う時期である春のお彼岸。せっかくならキレイなお花で迎え入れたいものですよね。

プラナージュではお彼岸用に、優しい色あいのアレンジメントや花束も、ご予算やご要望に応じたオーダーメイドでお作りできます。

今年のお彼岸は、ご先祖様への感謝の気持ちを花束に込めてみませんか。想いのこもった素敵な花束を贈れば、ご先祖様もきっと喜んで頂けるのではないでしょうか。

 

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close