コラム

サンキューの気持ちを花に込めて

3月は卒業や転勤など、新年度に向けた別れの時期ですよね。
今までお世話になった方や仲のよい友人などに、感謝の気持ちを伝えることもあるのではないでしょうか。

そこで今回ご紹介したいのは3月9日の『サンキューデー』です。
3(サン)9(キュー)という語呂合わせで生まれた日なので、特別な由来などは全くないのですが、日ごろの感謝を伝えるきっかけとしては絶好の日ではないでしょうか。

 
 

1801_pla_c2_1

ちなみにみなさんは、普段感謝の気持ちをどうやって表現していますか?

ストレートに言葉で伝えたり、食事に誘ったりすることが多いかと思いますが、やはり形に残る物で表現すると、より特別感があって贈る側も贈られる側もうれしくなりますよね。
そこでおすすめなのがお花のプレゼント。花は年齢や性別問わず誰にでも喜ばれますし、ちょっとした工夫でより心に残るプレゼントになります。

プラナージュがオススメする、ちょっとひとひねり効いたプレゼントの演出法をご紹介します。

1801_pla_c2_2

 
 

1花言葉を添えて
花束を渡すときに添えるメッセージカードに素敵な花言葉を添えてみては。普段は照れて言えない言葉も花言葉なら恥ずかしくないですし、花に込められた意味を知ったらダブルで喜んでもらえると思いますよ。

 

2箱を開けてビックリ
一見するとお菓子かアクセサリーが入っているような立派な箱のフタを開けると…箱一面に敷き詰められたいろどりどりの花々。予想を裏切るちょっとしたサプライズプレゼント。ケーキ箱に入れてもカワイイですね。

 

3ラッピングに一工夫
花束をラッピングする時に使う紙にみんなで寄せ書き。いつもならすぐに捨ててしまうラッピングの紙もちょっとした工夫でたちまち思い出の品に変身します。

 

4花びらに直接メッセージ
言葉に出来ない感謝の気持ちを直接花びらに印字する『プリ花』。メッセージカードよりも特別感があって、たった一言・一輪だけでも特別なギフトになること間違いなし。

 
 

1801_pla_c2_3

せっかくのプレゼント、どうせなら喜んで頂きたいですよね。
「でもどうすればいいのかわからない」「全然良いアイデアが出てこない」という方や、普段花を贈り慣れてない方もご安心下さい。

プラナージュではご予算やご要望にお応えするのはもちろん、どんな人にどんなシーンで贈るのか、細かくヒアリングさせていただいた上でご提案します。
みんながハッピーになれる心と記憶に残るプレゼントで、嬉しいサプライズを演出しませんか。

 

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close