コラム 父の日

父の日には「黄色いバラ」のなぜ?

母の日のプレゼントというと、ほとんどの人が「カーネーション」を連想しますよね。では父の日はどうでしょうか?「黄色いバラ」というとピンと来ませんか?そうです、日本では母の日に赤やピンクのカーネーション、父の日は黄色いバラを送るのが一般的とされています。

ではなぜ「黄色いバラ」なのでしょうか?父の日の由来までさかのぼってご紹介します。

 

1804_pla01-1

●父の日の由来
父の日の発祥は母の日と同じくアメリカと言われています。ワシントンに住んでいたソナラという女性。彼女は幼い頃に母親を亡くし、それ以来父親が男手一つで自分と兄弟たちを育ててくれたことから「母の日だけでなく父の日もあるべきだ」と提唱してきました。父親が亡くなった後、その偉大さを讃えるための礼拝を父の誕生月である6月の第3日曜日に行ったことから、その日が父の日として定着することとなりました。
父の日に贈るバラの花は、ソナラが父親の墓前に白いバラを供えたことが由来となっています。この事から父親が存命中には赤いバラ、亡くなっている場合は白いバラを贈る風習が広まったそうです。

 

1804_pla01-2

●黄色いバラは日本だけ!?
父の日に黄色いバラを贈るのは実は日本だけです。これはどういうことなのでしょうか?それは「日本ファーザーズ・デイ委員会」による「父の日黄色いリボンキャンペーン」がきっかけと言われています。「幸せの黄色いハンカチ」など、黄色は幸せや幸福の象徴とされてきましたが、父の日にそんな黄色いリボンをつけたプレゼントを贈ろう、というキャンペーンが始まりました。その事とバラの花の風習が合体し、日本ならではの文化として定着していったのです。

 

●父の日にオススメの黄色い花
そんな黄色いバラですが、実は花言葉を見るとあまり贈り物に適した花ではないって知ってましたか?「献身」「あなたを愛します」といった良い意味もあれば、「嫉妬」「薄れゆく愛」といったあまり良い意味でない花言葉もあるので、贈る時には少し気を付けた方が良いかもしれません。
そこで、プラナージュがオススメする黄色い花をご紹介します。

 

1804_pla01-3

・ひまわり
明るく元気なイメージのひまわりはバラに次いで人気の花です。「あこがれ」「情熱」「輝き」という花言葉があるので、頼りがいのあるお父さんをイメージしてプレゼントしてはいかがでしょうか。

 

1804_pla01-4

・ガーベラ
こちらも人気のガーベラ。ガーベラは価格もお手頃でカラーも豊富なので、お父さんのイメージに合わせていろんな色のガーベラを使ったアレンジメントや花束がオススメです。

 

母の日に比べると少し地味な印象の父の日ですが、日ごろ家族のために頑張ってくれてるお父さんにも感謝の気持ちを伝えたいものですね。普段花束を貰う経験の少ないお父さんでも、心のこもったフラワーギフトならきっと喜んで頂けると思いますよ。

 

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close