コラム

7/14はひまわりの日

みなさんは「ひまわりの日」をご存知ですか?ひまわりの日は1977年7月14日に、日本初の静止気象衛星『ひまわり1号』が打ち上げられたことを記念して、毎年7月14日を「ひまわりの日」として制定されました。

そもそもなぜ気象衛星が「ひまわり」と名付けられたのかというと、ひまわりは常に太陽ある方に向かって花の向きを変えるので、いつも地球の動きに合わせて飛んでいる気象衛星をひまわりになぞらえたと言われています。

そこで今回は「ひまわりの日」にちなんで、あまり知られていないひまわりの雑学についてご紹介したいと思います。

 

1805_pla02-1

●なぜひまわりはいつも太陽の方を向く?
ひまわりは英語で「Sunflower」、漢字で「向日葵」と書きますが、その名の通り太陽を連想させる形だったり、太陽の動きを追いかけるようにひまわりの花も動く習性があることから、その名がつけられています。

これは実は花が動いているのではなく茎が動いていて、ひまわりの茎の中に含まれる成長ホルモンが、太陽光を効率良く浴びるために働きかけています。
しかし、ある程度成長しきると「もうそこまで光は必要ないよ」と言わんばかりに、太陽を追いかけなくなるそうです。

 

1805_pla02-2

●ひまわりの第一発見者はコロンブス
ひまわりというと、古くから日本にあり多くの人に親しまれてきたイメージがありますが、実は北アメリカ中西部が原産です。
かの有名なコロンブスが発見したと言われていて、その後ヨーロッパに伝わり、中国を経由して16世紀(江戸時代初期)に日本に伝わったとされています。日本に伝わってからは観賞用としてはもちろん、食用油や化粧品にも応用され、私たち日本人の生活に広く浸透していきました。

 

1805_pla02-3

●夏の花なのにロシアの国花!?
ひまわりのシーズンは夏なので、暑い国でしか咲かないイメージがありますが、実はロシアの国花として過去には生産量世界1位を記録したこともあります。なぜ極寒の地として知られるロシアでこれほど育てられているのでしょうか。

以前、宗教上の理由で油脂製品を食べることを禁止されていたロシアに16世紀頃ひまわりが伝わってきて、そこから人々はひまわりの種を食べたり油を作ったりと、食用としてひまわりを育てるようになったのがきっかけと言われています。

 

普段何気なく見ている花に秘められた雑学や物語を知ることで、今までとは違った見え方がしてくるから面白いですよね。力強く凛とした美しさとパワーをもたらしてくれるひまわり。
花言葉も「私はあなただけを見つめる」「愛慕」「崇拝」といったポジティブな意味が多いので、プレゼントとしても適していますし、鮮やかな黄色の花びらと緑の葉っぱは、インテリアとしても空間を華やかに彩ってくれます。
初心者でも育てやすいので、いつもと雰囲気を変えたい時などにひまわりを飾ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close