コラム

お月見の由来、ご存知ですか?

秋と言えば中秋の名月(お月見)。秋の夜空に金色に輝く大きな丸い月を眺めながらひと時を過ごすのは、日本の素敵な風習の一つですね。しかし、なぜこの時期にお月見をするのか、お月見団子をお供えするのかをご存知ですか?本日は知っているようで知らないお月見の風習についてご紹介します。

 

●中秋の名月とは?
中秋の名月とは、旧暦の8月15日にお月見をするならわしです。 もともとは中国から伝わり、平安時代以降に貴族の間でこの日に月を見る催しが広まりました。それが次第に、農村を中心として庶民の間で行われていた作物の収穫祭と結びついていきます。旧暦では、暦は月の満ち欠けを用いて計算されていたため、月は人々の生活と密接につながっていました。特に農作業に従事する人々は豊かな実りの象徴として満月の十五夜を鑑賞し、お供えものをして感謝や祈りを捧げるようになりました。

180802pla

・十五夜とは?
実は、中秋の名月の別称である十五夜(のお月さま)も旧暦の頃の名残です。
旧暦は毎月1日を新月としていたため、15日には満月かほぼ満月に近い、丸い月が見られます。
また、旧暦では7、8、9月を秋としていました。その真ん中の日である8月15日を「中秋」と呼び、その晩に見られる月を「中秋の月」と呼んでいました。初秋は台風や雨も多いですが、その後は徐々に空気も冷たくなり、穏やかな秋晴れが続きます。空も高くなり、他の時期よりも月が美しく見えるので、中秋の名月と呼ばれるようになったようです。

 

●中秋の名月にお供えするもの
・すすき
収穫に対しての感謝の意味が込められているため、稲穂に見立てて穂の出たすすきを飾ったと言われています。また、すすきには神様が休憩し、魔よけの効果があるとも信じられてきました。このためお月見のすすきには悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味が込められています。地域によってはお月見に飾ったすすきは捨てず、庭や水田に立てたり、軒先に吊ったりして、災いから田や家を守る風習が今でも残っています。

・お月見団子
十五夜は収穫に対して感謝の意味を込めてお供え物をしていました。最初は芋や豆などが中心でしたが、稲作が中心となってきてからはお米でお団子を作るようになってお供えをするようになってきました。これが現在のお月見団子につながっています。月に見立てた丸い団子を15個、ピラミッドのようにして並べます。

 

●すすきは秋の七草
日本最古の和歌集である万葉集によると、秋の七草は、山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ歌がはじまりです。

秋の野に 咲たる花を 指折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 
萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花 

ここに登場する「尾花」というのがすすきのこと。七草粥にして食べることで無病息災を願った春の七草とは異なり、秋の七草はその美しさを鑑賞して楽しむものとされてきました。平安時代の貴族は、秋の七草が咲いていた花野を歩きながら歌を詠むという風流な遊びをしていましたため、花野に咲く秋の七草を月の光で愛でていたのかもしれませんね。

関連ページ:立秋と七草で秋を感じる

 

 

2018年の中秋の名月は9月24日。昔の日本人と現代人では生活様式が異なるため、中秋の名月を楽しむ風習は薄れているかもしれません。しかし、お団子などのお供え物を用意することが難しい方も、今年はすすきをはじめとした秋の七草を窓辺に飾り、昔の人のように月を見上げて、中秋の名月の美しさを感じてみてはいかがでしょうか。

 

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close