コラム

11月の誕生花をご紹介します

 

こんにちは。あっという間に11月。朝晩が冷え込む季節になりましたね。年末まで仕事が立て込んでいて余裕がない、という方もいらっしゃるかもしれませんが、家に花を飾ったりプレゼントをすることで、癒しになったり、心の余裕が生まれるかもしれませんよ。本日は11月の誕生花をご紹介しますので、お花を選ぶときの参考にしてくださいね。

 
 

<11月の誕生花>

シクラメン

■シクラメン

花言葉:
 ピンク・・・憧れ、内気
 赤・・・嫉妬
 白・・・清純

シクラメンは毎年新しい品種がどんどん出てくるほど人気のある植物です。季節柄もあり、お歳暮のギフト用としても重宝されています。(ただし鉢植え売られていることが多く、またシクラメンの名前に「死」と「苦」を連想する忌み言葉が含まれていることからも、病気のお見舞いの際には避けた方が無難です)

シクラメンは色が豊富なので、ご自宅用にされる場合は高めたい運気によって色を変えてみてはいかがでしょうか。恋愛運ならピンク、金運なら黄、安定感を求めるなら白がいいでしょう。置き場所は玄関がオススメですよ。

 
 

白いバラ

■白いバラ

花言葉:純粋、約束を守る、尊敬

バラは華やかな姿や種類の多さから、アレンジメントやブーケなどにも多く使われている、とても人気のある花です。様々な色のバラがありますが、その中でも11月の誕生花は「白いバラ」。

色を問わずバラには「愛」や「美」を連想させる花言葉がありますが、他の色とは異なり、少し控えめな印象が白いバラの魅力でもあります。男性にプレゼントすると紳士的なイメージ、女性にプレゼントすると可憐なイメージになりますので、大切な方へのプレゼントにぴったりです。

 
 

ガーベラ

■ガーベラ

花言葉:
 赤・・・神秘
 ピンク・・・思いやり
 白・・・希望、純潔
 黄色・・・親しみ、究極の愛
 オレンジ・・・我慢強い

いわゆる「花」というイメージのあるガーベラ。カラフルでキュートな色合いとその形は一輪挿しにすると凛とした印象があり、また花束にもアレンジメントにもぴったりなので人気があります。

ガーベラの花言葉には「希望」「常に前進」「前向き」などの意味があり、ポジティブなものが多いです。自宅に飾ってお部屋に彩りと癒しを加えるのはもちろん、大切な方を応援したいときなどに贈るフラワーギフトとしてもオススメです。

 
 

デルフィニウム

■デルフィニウム

花言葉:清明、高貴、幸福をふりまく

青や紫、白色の花が華やかに咲くデルフィニウム。赤や黄色などの品種もありますが、青系の色の花が中でも特に美しく、切り花としても広く利用されています。

ヨーロッパには花嫁が身に着けると幸せになるとされる「サムシング・フォー」の言い伝えがあり、その中の「サムシングブルー」の一つとしてデルフィニウムの花を用いたブーケが人気です。
ちなみに、デルフィ

ニウムは和名では「飛燕草(燕(ツバメ)が飛んでくる花)」と名付けられており、東洋でもツバメは家庭に福をもたらす存在とされているため、和名においても、福をもたらす花として親しまれていますよ。

 
 

いかがでしょうか。
紅葉も色づき、色とりどりの植物が見られる秋はたくさんのカラフルな花があります。ご自宅用に、プレゼント用に、花言葉も踏まえて11月ならではの花を選んでみるのもオススメですよ。

 

 

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

フラワーショップ・プラナージュ

・靭公園店
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-19 清記ビル1F
TEL:06-6441-8776 FAX:06-6441-8751

・北新地店
〒530-0003 大阪市北区堂島1-2-10 第2堂栄ビル1F
TEL:06-6452-8776 FAX:06-6452-8751

(HP)http://www.planage.jp

ーー*ーーーー*ーーー*ーーー*ーーーー*ーー*ーー

  • facebook
  • feed
close